ページを選択
論文を発表しました

論文を発表しました

QunaSysとして発表する始めての論文を投稿しました。 分子の基底エネルギーなどを求めるvariational quantum eigensolverの計算効率が10倍以上向上する手法を考案しました。 詳細は論文をご覧下さい。...
第41回ケモインフォマティクス討論会に協賛します。

第41回ケモインフォマティクス討論会に協賛します。

QunaSysは10月26日から10月27日にかけて熊本で開催される第41回ケモインフォマティクス討論会に協賛します。 26日のお昼に開催するランチョンセミナーでは量子コンピュータについて、量子コンピュータの計算化学・ケモインフォマティクスへの応用可能性、 QunaSysで行っている取り組みを紹介します。 たくさんの参加をお待ちしております。 また、量子化学の知識を持っているインターン生の募集をしております。 気軽にお問い合わせください。...
日経サイエンスに取り上げて頂きました。

日経サイエンスに取り上げて頂きました。

日経サイエンスに弊社の設立とこれからのこれからの戦略について取り上げて頂きました。 表紙右上に「量子コンピュータで起業」と書かれる時代になりました。 量子コンピューターのソフトに照準〜日経サイエンス2018年8月号より...
技術顧問藤井啓祐の研究が今月2件発表されました

技術顧問藤井啓祐の研究が今月2件発表されました

弊社技術顧問藤井啓祐の研究が今月2件発表されました。 QunaSysではこのような最新の知見を活かしならが開発を進めて参ります。 1量子ビットしか使えない「弱い」量子コンピューターでも、古典コンピューターより「強い」ことを証明 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180518_1.html 光による量子コンピューターの実現に大きく迫る手法を開発 ~従来の100億倍の誤り耐性~...
Rigetti Computing 訪問

Rigetti Computing 訪問

4月6日から7日にかけて、カリフォルニア州バークレーにあるRigetti Computing本社に行ってきました。 初日にCTOの御手洗らが発表した Quantum Circuit Learning についての招待講演を行いました。 現在の誤り訂正機能がない量子コンピュータで計算が行えるよう、最近注目されている量子コンピュータと古典コンピュータを組み合わせた、量子古典ハイブリッドアルゴリズムを用いた教師あり学習を行う新たな量子アルゴリズムの提案で、今後ますます重要になる量子機械学習分野の基礎となる研究です。...