ページを選択

Our Vision

 粒子と波を統合する量子によって世界を記述する量子物理学は20世紀に入ってから構築された比較的新しい分野ですが、病院で精密検査に用いられているMRI(核磁気共鳴装置)やレーザー、そしてコンピュータに搭載されている半導体など、我々の身の回りを支えるテクノロジーを影で支えています。
 QunaSysはこのような既存のテクノロジーを影で支える量子物理学を表舞台に引き出し、量子性を積極的に利用した既存のテクノロジーを超えた量子技術の実用化を進めるために設立されました。
 現在量子コンピュータのハードウェアの研究開発が急速に進み、近い将来、化学計算・材料開発・機械学習などに代表されるいくつかの分野において量子コンピュータの活用が期待されています。量子コンピュータの潜在能力をこれらの分野で活用するためには、量子力学とそれを用いた量子計算技術に関する専門知識に基づいて、量子コンピュータが得意とする問題を見定め、量子コンピュータ上で機能する量子ソフトウェアを設計することが必要となります。

 これを実現するために、QunaSysには関連分野の最前線の専門家が集い、高い専門性と実装力をベースに社会に革新をもたらします。

企業概要

    
会社名 株式会社 QunaSys (キュナシス)
英文名 QunaSys  Inc.
設立 2018年2月
代表 楊 天任
所在地 東京都文京区本郷5-25-18 ハイテク本郷ビル1F
事業内容 量子コンピュータを用いたソフトウェア開発
量子技術関連コンサルティング